診察内容

産科

産科の写真

妊婦健診

妊娠すると病院の産婦人科や助産院等で定期的に妊婦健診を受けるようになります。

妊婦健診とは、妊娠が判明した後、妊娠が順調に経過しているか?赤ちゃんの状態はどうか?などを確認する健診です。妊娠判明~満23週ではおおむね4週間に1回程度の健診、妊娠24週~35週ではおおむね2週間に1回の健診、妊娠36週~分娩までの期間でおおむね1週間に1回の健診が一般的です。その内容としては毎回 問診、基本検査(子宮底長・腹囲・血圧・浮腫の有無・尿検査・体重等)、保健指導等を行います。また、妊娠の経過に合わせて感染症検査、子宮頸がん検診、貧血・血糖検査、超音波検査等を行います。妊婦健診には健康保険はききません。

妊娠が確定したらまず自治体で母子手帳の交付を受けましょう。

母子手帳と一緒に妊婦健康診査受診票、いわゆる「補助券」が交付されます。これにより妊婦健診の費用が助成されます。自治体によって助成内容や費用は異なるので、交付の際に助成内容を教えてもらいましょう。妊婦健診はお母さんと赤ちゃんが安全なお産を迎えるためにとても大切です。必ず定期的に受けてください。

武蔵野赤十字病院とのセミオープンシステム

「妊婦健診は自宅や職場近くの通いやすい診療所で受診し、出産は高度な設備を持つ武蔵野赤十字病院で行う」武蔵野赤十字病院が地域の産科施設と共に推進している周産期ネットワークオープン(セミオープン)システムのことです。

当院は武蔵野赤十字病院と連携しております。妊娠34週からは武蔵野赤十字病院にて妊婦健診を受けていただいております。 里帰り分娩ご希望など武蔵野赤十字病院以外の病院での分娩ご希望の方も妊婦健診可能です。

流産手術

流産手術とは「掻爬(そうは)手術」と呼ばれ、流産してしまった妊婦さんに対して行う処置のことを指します。流産には様々な形態がありますが、いずれの場合も子宮内の残った内容物を綺麗に除去しなければそこに細菌が繁殖し、感染症を引き起す可能性があります。そのため流産後の子宮内容物を綺麗に除去するために流産手術(掻爬手術)を行う必要があります。大変ストレスのある手術ですが、これもまた次の新しい命を育むための大切な必要なアフターケアと言えます。流産手術(掻爬手術)は子宮頸管から金属の手術器具を挿入し、子宮の内容物を外に掻き出す方法で行われます。

4Dエコー

4Dエコー お腹の赤ちゃんの様子を立体的に、しかもリアルタイムの動画で見ることができます。タイミングや角度によっては赤ちゃんの表情やしぐさまでみえます。ただし、赤ちゃんの向きや位置によっては見えずらい場合もあります。赤ちゃんの全体の動きを見るのには、妊娠16-24週がおすすめです。自費にてコストを取らせていただきます。当院で準備させていただきましたUSBに画像を撮影し、お持ち帰りいただきます。ご家族の方々と、ご一緒に超音波を見学されることも可能です。

クアトロテスト

クアトロテストは「母体血清マーカー検査」のことで妊婦さんの血液中にある胎児や胎盤由来の4つの成分を測定して、胎児が「ダウン症候群」「18トリソミー」「開放性神経管奇形」である確率を算出するスクリーニングテストです。検査自体の流産リスクもなく、母体・胎児ともに負担が少ない出生前診断と言えます。しかしながらクアトロテストはあくまで異常のある可能性を出す検査なので確定診断ではありません。検査結果が陽性の場合、その先の検査をするかどうかも新たな課題となります。またクアトロテストの検査推奨時期は妊娠15~17週です。ご希望の方はご相談ください。

羊水染色体検査

羊水染色体検査とは一般に「羊水検査」と呼ばれるものです。お腹の中の胎児の染色体異常を知るために行われる出生前診断のひとつです。ほか超音波検査や採血検査と比べてリスクを伴いますが、診断の精度が高いのでいわゆる「確定診断」として用いられています。羊水染色体検査は妊婦さんの子宮内にある羊水を採取して、その中に含まれる胎児の細胞を調べ、細胞の染色体や遺伝子情報などから、胎児にダウン症などの染色体異常や代謝異常がないかなど診断できます。なお羊水染色体検査を受けられる時期は、一般的に妊娠16~18週とされます。破水や流産など合併症の発生頻度は0.3~0.1%程度です。高齢出産の方などで出生前診断を検討している人にとっては検査を受けること自体に不安を抱えている方も多くおられると思います。まずは当院までご相談ください。

助産師外来

助産師外来とは助産師が行う妊婦健診・保健指導のことです。

医師による妊婦健診に加え、妊婦さんたちが安心して出産に臨めるよう、当院では助産師が小さな不安や疑問への対応を行っております。当院の医師と連携を図っていますので、毎回安心して健診を受けていただくことができます。妊婦さんがリラックスした雰囲気の中で、妊娠、出産、育児を楽しい気持ちで受け入れることができるようサポートしております。主な内容として、妊娠中の保健指導をはじめ、産後の育児相談や沐浴指導を行っております。

母乳外来

当院の母乳外来では、経験豊かな助産師が母乳育児についてのアドバイスを行っております。母乳に関するあらゆる悩みやトラブルに対応するほか、乳房のケアや断乳・卒乳の相談にも応じております。母乳育児は意外とスムーズにいかないことも多いものです。特に初めての出産の場合、不安や疑問がたくさんあるのではないでしょうか?

「母乳だけで足りているのか?」

「母乳だけで赤ちゃんの体重は増えているの?」

「卒乳・断乳ってなに?」・・・

といった母乳に関するお母さんの心配は多々あります。
当院ではこのような疑問を一緒に解決し、乳房・乳首のトラブルをできるだけ予防していけるような関わりを行っております。
是非お気軽にご相談ください。

沐浴指導・沐浴

沐浴指導・沐浴

沐浴の指導を個別でおこないます。沐浴のやり方がわからない方、自身がない方、2人目だけど不安な方、どんな方でも大歓迎です。注意することやスキンケアまで丁寧にご指導いたします。

妊娠中でも、生まれてから実際の赤ちゃんでも練習できますので、ぜひご利用ください。おじいちゃん、おばあちゃんも大歓迎です。

1組 3,000円

沐浴

産後体調がすぐれず沐浴ができない方、やり方に自信がない方、自分でできない方、たまには誰かにやってもらいたい方、などなど。スタッフが赤ちゃんの沐浴をいたします。

退院直後から4か月頃までの赤ちゃんが対象です。

1回 1,000円、11回チケット 10,000円

思春期相談

男女問わず思春期ならではの悩み相談をおこないます。思春期のお子様にお悩みのある保護者の方でも大丈夫です。思春期教育に携わっている助産師が相談に応じます。

30分 3,000円

育児相談

育児全般に関する相談をお受けいたします。例えば、抱っこの仕方、あやし方、授乳リズム、離乳食の進め方、体重の増え方、上の子の赤ちゃん返りなど、子育てに不安を抱えている方の相談をお受けいたします。

30分 3,000円

婦人科

婦人科の写真

子宮がん検診

子宮がんには主に「子宮頸がん」と「子宮体がん」があります。子宮頸がんとは子宮の入り口付近に生じる癌でヒトパピローマウイルスの感染により発症する悪性腫瘍で、女性生殖器癌の中では最も頻度が高い癌です。子宮体がんは子宮内膜に発生する癌で、多くの場合不正性器出血を伴うとされています。子宮体がんは子宮に生じる癌の30%程度と言われています。近年「子宮頸がん」「子宮体がん」共に発生年齢が若年化しつつあり、そのため定期的に子宮がん検診を受けることが大変重要とされています。また、早期発見により、早い段階での治療が可能となり、その後の生存率を高める効果があります。当院では一般の子宮がん検診のほか、武蔵野市の子宮がん検診も行っております。

子宮筋腫・卵巣のう腫などの定期検査

子宮筋腫とは子宮筋層を構成する平滑筋に発生する良性腫瘍で、婦人科疾患の中で最も多く、20~30代の女性に多くみられます。症状としては無症状で経過する場合も多くありますが、症状を有する場合は「過多月経」「月経困難症(月経時に腹痛・悪心・腹部膨満感などで生活に支障が生じる)」「不妊」といった3主徴が特徴とされています。子宮筋腫の治療と経過観察の判断は、過多月経のよる貧血の程度や圧迫症状の程度、また疼痛の有無、発症の部位や大きさ、挙児希望の有無など総合的に判断します。そのため、一旦経過観察となった場合でも定期的な検診が必要となります。

卵巣のう腫とは卵巣の一部に袋状の腫瘍ができ、そこに液体などがたまる病気です。その内容物は液体だけではなく、脂肪や軟骨など様々です。卵巣のう腫は一般的には無症状であるため、他科の検診や子宮がんの定期検診の際などに偶然見つかることが多いです。一方では卵巣のう腫が成長して腹部を圧迫することもあります。また、捻転や破裂が生じることもあり、このような場合は急激な腹痛と吐き気など激烈な症状が生じ、緊急手術となります。卵巣のう腫に関しても定期的な検診が必要とされています。

コルポスコピー検査・細胞診

一般的に「子宮頸がん検査」で異常が疑われた場合、次の検査として「コルポスコピー検査」と「組織診」を行うことがあります。「コルポスコピー検査」というのは、子宮の出口(頸部)を望遠鏡のような機械で拡大して観察する検査です。 観察するだけなので痛みはありません。一方 「組織診」は、病変が強いと思われる部分の細胞を採取する検査です。一般的な流れとしてはコルポスコピー検査で病変が疑わしいと思われる部分を特定し、その周辺の細胞を2~3箇所採取し確定診断を行います。 細胞診は組織を採取する検査ですので多少の痛みを伴い、出血もします。 たいていは検査後数日~1週間程度で止血します。検査当日は運動や飲酒、入浴はお控えください。また性交渉は出血がなくなるまで行ってはいけません。当院でコルポスコピー検査と組織診をご希望の場合は、月経期を避けて受診していただければ当日検査が可能です。詳しくはご予約の際に直接ご相談下さい。

月経異常・不正出血

月経異常 正常な月経とは10~14歳頃に初潮を迎え、43~54歳頃閉経を迎えます。月経周期としては25~28日で、月経が持続するのは3~7日間とされています。また月経の影響で多くの方に軽度の倦怠感や眠気が起きることがあります。月経に伴う症状には個人差がありますが、上記のような一般的な経過や症状を著しく逸脱したような場合、月経異常と判断されます。月経異常には開始時期により「早発月経」「遅発月経」 閉経時期により「早発閉経」「遅発月経」 月経量により「過多月経「過少月経」 持続期間により「過短月経」「過長月経」 月経周期により「無月経」「頻発月経」「希発月経」などがあります。また、月経期間中に起きる不快症状が激しい場合は「月経困難症」とよばれ、月経前に起きる不快症状に関しては「月経前症候群(PMS)」と呼ばれています。

不正性器出血 通常の月経以外の異常な性器出血のことを不正性器出血と言います。その原因としては妊娠に伴うものもあれば、外傷や腫瘍といった器質的な原因の場合もあります。その他にも血液疾患や肝疾患など内科的原因が潜んでいる場合もあるため、不正性器出血が繰り返されるような場合はしっかりとその原因を究明し、的確な治療をすることが重要となってきます。

おりもの異常・外陰部かゆみ・違和感

「おりもの」とは膣内や子宮で作られる分泌物や粘膜が混ざったもので、本来膣内に雑菌が入らないように、女性のカラダを守ってくれる働きをしています。おりものの色には個人差・年齢差がありますが、ふつうは透明~乳白色です。臭いは、かすかに甘酸っぱいような匂いがしますが、生理前には臭いが強くなることがあります。おりものの量も、下着が全く汚れない人から、不快を感じるほど多い人まで個人差があります。また、年齢や体調、生活習慣等によっても量や臭いは変化します。よって、女性にとっては「体調のバロメーター」とも言えます。おりもの検査は膣の中から直接おりものを取って調べます。検査自体は綿棒でおりものをとるだけなので痛みもなく数秒で終わります。また、おりもの異常の他、「外陰部のかゆみ」「陰部の違和感」など大変デリケートな悩みを持たれている方は多くいらっしゃいます。いわゆるデリケートゾーンの悩みですので受診自体をためらう方も多いかと思いますが、場合によってはカンジダ・クラミジア・子宮がんなど、さまざまな病気が潜んでいる場合もあります。また、自己判断での治療は症状悪化を招くこともあります。早めの受診を心がけてください。

月経前症候群

月経前症候群(PMS)とは、月経前の3~10日頃に生じる精神的・身体的不快症状のことで月経発来と共に減退ないし消失するものをいいます。主な症状としてはイライラ・怒りっぽい・抑うつ症状が典型的な精神的症状で、身体的症状としては頭痛・浮腫み・乳房痛などがあります。これらの症状の程度には個人差がありますが、状態に合わせて漢方薬やピル・SSRI・鎮痛剤などの処方で症状が緩和されることが期待できます。

性感染症

性感染症(STD)とは、性交渉またはこれに類似した性行為により感染する感染症の総称。

クラミジア感染症

クラミジア感染症は比較的多い性感染症の一つで症状が非常に軽いため、自覚症状を認めないことが多く放置されやすい感染症です。症状としては漿液性のおりものが増え、不正出血や下腹部痛が生じます。また感染後炎症が進むことで不妊の原因となったり、骨盤内炎症性疾患などが生じると言われています。

性器ヘルペス

単純ヘルペスウイルスによる性感染症で初期感染の後、感覚神経節に潜伏し、体調不良の時など免疫が低下した時に再び活性化し、再発を繰り返す感染症です。症状としては外陰部に疼痛が生じ、水疱や浅い潰瘍性病変が認められます。治療としては内服・点滴・外用薬等が一般的です。

淋菌感染

淋菌による細菌感染で、女性では子宮頸管炎を起こすため、膿性のおりものや外陰部の痒み、不正出血、排尿時痛などが認められます。比較的症状が軽いことが多いため、放置されることもありますが、症状が重くなると発熱や下腹部痛が認められます。ひとたび骨盤内に炎症が広がると不妊や異所性妊娠の原因ともなります。治療としては抗菌薬による注射が一般的です。

尖圭コンジローマ・ヒトパピローマウイルス(HPV)

尖圭コンジローマとはヒトパピローマウイルスを病原体とする性感染症で外陰部、会陰、肛門周囲に先のとがった特徴的な疣贅(いぼ)が認められます。性交後平均3ヵ月程度で発症し、外陰部の痒みで自覚することが多い感染症です。治療としては外用薬、冷凍療法、電気焼灼法、レーザー治療などが行われます。

膣トリコモナス症

膣トリコモナス症とはトリコモナス原虫によって引き起こされる炎症性疾患であり、膣・外陰部を中心に発症する性感染症です。外陰部の痒み、悪臭を伴う帯下(おりもの)の増加、膣壁の発赤が主症状。治療に関しては経口薬による治療が一般的です。

エイズ(AIDS)

エイズは日本でもいまだ増加傾向にあります。HIVに感染してからAIDSを発症するまでには長期間を要しますが、一旦AIDSに感染すると細胞性免疫不全に陥り、重篤な症状を引き起こすことはよく知られています。当院ではAIDS検査を実施しています。ご相談ください。

梅毒

梅毒とは性感染症の代表的な疾患であり、トレポネーマ・パリダムによる全身性の感染症で後天的に感染した後天梅毒と胎児が胎盤を通して感染した先天性梅毒があります。後天性梅毒は軟性下疳(性器に激痛を伴う潰瘍が生じる)から始まり、10年以上かけて神経系や心臓が侵される大変重篤な感染症です。

更年期障害

更年期とは閉経前後約10年間の時期をさします。日本人女性の平均閉経年齢は50歳ですから、多くの方は45歳~55歳あたりが更年期にあたります。閉経が近づくと女性の体内では卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少します。それにより身体に出てくるさまざまな不調を総称して、更年期障害とよびます。その症状は多岐にわたり、ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)・発汗・冷え・動悸・息切れ・むくみ・頭痛・めまい・不眠・不安感・食欲不振・吐き気・胃もたれ・胸やけ・しびれ・知覚鈍麻・知覚過敏などがあります。更年期障害の検査には問診の他、血液検査により血液中のホルモン量を測定し、更年期にみられるホルモン変化があるかどうかを判定します。その治療として、ホルモン療法や漢方薬治療が行われます。

不妊治療

不妊相談

「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、1年間妊娠しないものをいいます。

しかし、女性に排卵がなかったり、子宮内膜症を合併していたり、過去に骨盤腹膜炎などにかかったことがあったりすると妊娠しにくくなることが分かっています。ご不安な場合は、早めの相談や検査、治療をおすすめします。また、男女とも加齢により妊娠しずらくなる可能性があるので、このような方々にも早めの治療をおすすめします。

不妊のカップルは約10組に1組と言われていますが、近年、妊娠を考える年齢が上昇していることもあり、この割合はもっと高いとも言われています。全く病気とは無縁で病院を訪れることのなかったカップルにとっては、不妊ではないかと考えただけで大きな不安をお持ちになることと思います。まずは健康であることを確認し、人生のプランをたてるために、ご相談ください。

不妊の原因

男性側に理由がある割合と、女性側に理由がある割合は、ほぼ半々だと言われています。

女性側の原因

排卵因子

規則的な月経のある女性の場合は、月経の約2週間前に「排卵」が起こります。月経が不規則な場合、排卵異常の可能性が考えられます。

卵管因子

卵管は精子が卵子に向かい、受精した卵(胚)が再び子宮に戻るための道です。卵管が炎症などによって詰まっていると、妊娠は起こりません。

頸管因子

排卵近くで子宮頸管粘液の分泌が少なかったり、精子の貫通に適していなかったりすると、精子は子宮内に侵入しにくくなり、妊娠が起きにくくなります。

免疫因子

精子を攻撃する抗体(抗精子抗体)を持つ女性の場合、精子の運動性が失われ、精子が卵子に到達できず、妊娠が起こりません。

子宮因子

子宮筋腫や子宮の先天的な形態異常などにより、子宮内に到達した胚が着床することを妨げ、妊娠に至りません。

男性側の原因

造精機能障害

精子の数が少ない、または無い、あるは精子の運動性などの性状が悪いと、妊娠しにくくなります。

精路通過障害

作られた精子がペニスの先端まで通るための道が途中で詰まっていると、射精はできても精子は排出できず、妊娠に至りません。

性機能障害

勃起障害(ED)、膣内射精障害など、セックスで射精できないものをいいます。

加齢による影響

男女とも、加齢により妊娠する・させる力(妊孕性)が低下することが分かっています。女性は30歳を過ぎると自然に妊娠する確率は減り、35歳を過ぎると著明な低下を来たします。男性は、35歳ごろから徐々に精子の質の低下が起こります。

不妊検査

内診・経膣超音波検査

「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、1年間妊娠しないものをいいます。

子宮内膜症や子宮筋腫、クラミジア感染症などの病気がないかどうかを調べます。子宮内膜症や子宮筋腫の疑いがある場合には、MRI検査や腹腔鏡検査を追加して行う場合もあります。

子宮卵管造影検査

卵管が詰まっていないかどうか、子宮の中の形に異常がないかどうかを調べます。武蔵野赤十字病院に検査をお願いしています。

ホルモンの検査

女性ホルモンの分泌やこれに関係する甲状腺の機能などを調べる血液検査です。

性交後試験(Huhnerテスト、またはPCT)

排卵直前の最も妊娠しやすい日に性交を行い、翌日、女性の子宮頸管粘液を採取し、その中に運動精子を認めるかどうかを調べます。

男性側の検査(精液検査)

マスターベーションで採取した精液を検査し、精子の数や運動率などを調べます。

不妊治療

タイミング療法

排卵の2日前ごろ、最も妊娠しやすいと言われている時期に性交を持つようにする方法です。

排卵誘発法

内服薬や注射で排卵を促す方法です。排卵障害の場合に使用する方法です。

人工授精

マスターベーションで採取した精液から良好な精子を取り出して、最も妊娠しやすい時期に子宮内に注入する方法です。

●生殖補助医療(体外受精、顕微授精)が必要な方は生殖専門の病院、クリニックへご紹介いたします。

その他

人工妊娠中絶

人工妊娠中絶とは手術によって人工的に妊娠を中絶させることで、現在日本では母体保護法の下、妊娠22週未満まで中絶が認められています。様々な理由で妊娠を継続できない場合などご相談ください。当院では妊娠11週まで受付けており、手術は日帰りで行っています。

★ 当院は都の医師会による「母体保護法指定医」の指定を受けております。

★ 中絶手術には保険が適応されません。費用等に関しては直接診察の際にご相談ください。

ブライダルチェック

主に結婚を控えた女性のための婦人科検診のことです。妊娠出産に影響するような婦人科系の疾患がないかをチェックするための検査です。子宮や卵巣に異常があると、妊娠自体が困難になりますし、クラミジアや淋病などの性感染症(STD)に感染していると、不妊症の原因となったり、お腹にいる赤ちゃんにも産道感染し、流産や死産につながることもあります。ブライダルチェックと言っても結婚前の女性だけでなく、結婚予定がない方や既に結婚している方でも受けられる検査です。ブライダルチェックの検査内容は、通常の問診や内診といった婦人科検診の検査項目に加えて、HIV感染症淋病性器ヘルペス梅毒などの性感染症の検査を行います。さらには風疹B型肝炎C型肝炎、貧血、肝臓や腎臓の機能なども調べます。ご希望の方は当院までお気軽にお問合せください。

避妊(ピル・避妊リング・緊急避妊)

現在 避妊には不妊手術・経口避妊薬(OC)・子宮内避妊具(IUD)・コンドームなど様々な方法があります。内容によって避妊効果の高いものから低いもの、また長所や短所があります。生活背景や年齢など様々な面から患者様に一番適した避妊方法を選択することが重要です。お気軽にご相談ください。

緊急避妊(アフターピル)

避妊に失敗した場合、72時間以内に服用することにより、望まない妊娠を防ぐことができます。(避妊率は100%ではありません。)アフターピルは排卵を抑制し、受精を妨げ、受精卵の着床を阻止します。

アフターピルには①ノルレボと②ヤッペ法の2種類があります。

①ノルレボ

性交後72時間以内に1回服用するのみです。悪心、嘔吐、頭痛などの副作用はほとんどありません。避妊効果はノルレボのほうが高いです。当院ではこちらをおすすめしています。

②ヤッペ法

性交後、72時間以内に2錠服用し、さらにその12時間後に2錠服用します。悪心、嘔吐、頭痛の副作用がある方がいます。

月経移行

女性が生活していく上で月経は時に生活に制限を与えるものです。様々な理由で月経の時期をずらしたいことも多くあるかと思います。当院では患者様のご意向を十分理解した上で内服による月経移行の提案も行っています。是非ご相談ください。

プラセンタ注射

美容や健康に効果的とされるプラセンタ治療。美白やシミ・シワ・たるみの改善を目的とした美容目的での注射です。

公費負担による検診

当院は武蔵野市が実施している子宮がん検診の指定病院です。

思春期相談

思春期には思春期特有の体の変化やこころの変調が生じます。また、このころから異性に関心を持ち始め、性的な変化も感じうる時期です。それらのデリケートな心身の問題に対し、当院では医師や助産師が相談に応じております。ご相談ください。

> 診察内容